女性たち

制作を楽にしたいなら3Dスキャナーがおすすめ|コスト削減も可能

3Dデータ制作の味方

3Dプリンター

目的に合った機械の選び方

3DCGを作成する企業にとって、立体パーツのデータ管理に便利なツールが3Dスキャナーですが、このようなツールの選び方にはポイントがあります。立体情報を効率よくパソコンに取り込むために重要なポイントは、如何にして大容量のデータを取り扱えるかが重要な点になります。特に工業製品などの精密機械の部品を取り込む際には、より高精度のスキャニング能力を必要とするため、より高性能なスキャナーが必要になるのです。さまざまな用途に使用できる機械のため、仕事に合った性能に特化したものを選ぶことが、企業で有効利用するためには一番大切な要素です。スキャニングできる範囲も重要で、対象物の大きさなどによっては仕事で利用するための3Dスキャナーを、目的に合った範囲で選ぶ必要もあります。

立体データを送信できる

オフィス自動化に大きく貢献するOA機器の中でも、3Dスキャナーは特に3D制作の効率化に大きく貢献することが、一般的な特徴です。多種多様な立体物を電子データとして取り込むことができる事も、情報化社会のためのビジネスツールとして、利用する価値のある機材です。一般的な使用方法の一つとしては、立体物のデータを3Dスキャナーで取り込んでそのデータを遠方に転送し、3Dプリンターで立体出力するという使い方になります。ネットを介して立体データを簡単に転送できることからも、現代のIT企業に必須の道具となり、情報インフラの有効活用方法としても期待されています。企業での主な利用方法としては、仕事用の立体データをネット上で共有するなどの、クラウド化を前提とした使用方法があるのです。

コピーを検討中の企業様へ

複合機

仕事をするために必要な機器の中に、コピー機があります。資料の印刷などに必ず使うでしょう。そこで、導入を考えている企業は買う前に注意する点や、導入に最適なタイプはどれなのか知っておくといいでしょう。

この記事を読む

お得に導入しよう

コピー機

最新機種を新品で導入するよりも、中古の複合機を導入した方が格段に安くなります。初期費用をあまり掛けたくない場合や、最新機能を必要とせずに使いたい場合などにお勧めです。また印刷枚数が少ない場合や短期的な使用にも、新品よりもお得になるのでオススメです。

この記事を読む

賢く使いトラブル回避を

インキ

いまや生活や仕事に欠かせないものであるパソコンやスマートフォンなどは、それに付随する印刷機器類も必須です。リコーなどのプリンターや複合機の保守管理しっかりした会社ですと、カートリッジやトナーの交換、回収などの対応も早く、トラブルの回避にもなります。

この記事を読む